コロナ騒動、キャバクラ界隈に対する世間の反応

歌舞伎町で、キャバクラや風俗店の従業員ら十数人のコロナ感染が発覚したそうです。 当サイトは埼玉のキャバクラについて取り上げていますが、東京の主要都市が大ダメージを受けているなか、隣県の埼玉も対岸の火事と傍観するのは危険です。コロナの影響でかなりざわついているキャバクラ界隈に関して、一般の方や実際にキャバクラに従事する方たちの意見をまとめてみました。

歌舞伎町の病院の現状

コロナで特にざわついている歌舞伎町に関するツイートです。確かな情報なのかはわかりませんが、このような状況になっていてもおかしくはありません。

感染防止に努めながら営業する方法

この方の提案する方法が果たして現実的か否かは筆者にはわかりませんが、『感染を防ぎながら働ける環境にするにはどうすればいいのか 』について考えるのは良いことだと思います。ただそういう環境を用意できたところで、肝心のお客さんが外出のリスクを冒してまで来店してくれるかどうか…前例がないだけに様々な懸念点が出てきますね。

キャバ嬢を苦しめるキャバクラの制度

多くのキャバクラでこのような制度が取られているとのことです。さすがにこの状況下で当日欠勤罰金制度がいまだ生きているのだとすると、お店自体が利益欲しさにコロナの蔓延に加担しているのと変わりないですよね。もちろんすべてのお店ではないと思いますが、これが事実ならキャバ嬢を食い物にしているとはこういうことです。

「無責任な批判」というコロナの二次災害

ただ「自粛しろ」と叫んでいる方は多くいますが、自粛した側がどうすれば今後を凌いでいけるのかまで提案している方はかなり少ないように感じます。それは政府も同じです。無責任で一方的な意見の発信は誰にでもできます。

公的に発せられた一方的な「要望」

小池都知事の会見に対しての反応ですが、確かにこの方の言うとおり、従業員側の都合は一切無視した一方的な意見に聞こえなくもないのが正直なところ。筆者の主観ですが、小池都知事の言ってることが間違っているのではなく、「自粛」という言葉もそうですが、結局断固とした結論なくうやむやなままなところが余計にたちが悪いと感じます。

キャバ嬢として働く方の苦境

国として「感染を食い止めるにはどうすればいいのか」に躍起になるのは当然ですが、今まさに苦境にあえぐ方たちに対しての対応がかなりおざなりになっていると、筆者も強く感じます。

従業員ではなく、人間としての決断

生活のために「なんとかお店に来てほしい」と発信するキャバ嬢の方もいますが、反対に「この時期に店に来るな」と発信するキャバ嬢の方もいます。事情が事情なだけに筆者はどちらが正しいとも間違っているとも言えませんが、国やお店に頼らず、自分で自分を守る術を考えた方が良いのかもしれません。

困惑するキャバ嬢

この騒動の中、今も現場で働いているキャバ嬢ですが、みな能天気に働いているのではなく、やはりそれぞれに不安や混乱を抱えながら働いています。政府が右往左往しているようでは、国民も判断をしかねてしまいます。

お店以外で稼ぐ方法を確立する子も…

日ごろからブランディングに努め、自宅に居ながらライブ配信で稼ぐ女の子もいます。ライブハウス自粛に追い込まれた音楽業界もそうですが、無観客ライブやYouTube・ライブ配信に力を入れて上手にマネタイズする方たちもいます。

各キャバクラ店のコロナに対する反応・対応

ONE TOKYO【六本木】

LUIAGUE【歌舞伎町】

この投稿をInstagramで見る

. さてさてさーて 看板レース15日目‼️ラスト2日‼️ 今日は新型コロナウイルスについて。  今、新型コロナウイルスの影響で日本のみならず世界が混乱しています。 特に水商売、風俗産業に携わっている全国の方々、 濃厚接触と呼ばれるに該当する業種であり、 今本当に辛い思いをしているかと思われます。 全国でお店が早締めや調整、売上に追われて 閉店の危機を迎えている所もあると思います。 キャストさんで言えば、 来店予定が無くなってしまったり、 連絡を取っていたお客様からそんなつもりでは無いのに悲しい言葉を受けているなんて事も少なくないと思います。  外出自粛、会社は在宅勤務や時間調整出勤等と、政府から発表がありましたが、 それでも私達は生きていく為に、飯を食べていく為にお金を稼いで、仕事をして、お店を存続していかないといけません。  ならどうすればいいのか? この暗い世の中を明るい未来に変えていく為に出来ることはあります。  私達の水商売という業界から 一人一人が誰よりもどこの業界よりも 先陣を切ってコロナウイルス対策に徹底した行動と発信、 そして何より、一番笑顔で一番元気にやっていく。 これを行うだけでも全然変わってくると思います。 少しでもお客様に安心して楽しんで頂けるように、 私達はこれらをモットーに日々の営業に今後も取り組んで参ります。 皆さんで水商売を盛り上げて行きましょう‼️ . . #水商売から世界を変える . #こんな長文は誰も読まんて #コロナに負けない花見の楽しみ方 #ベルエポックで消毒🍾🥂 . . #飲食店の灯りを消さない #歌舞伎町の灯りを消さない #リュアーグの灯りを消さない . . #新宿 #shinjuku #歌舞伎町 #歌舞伎 #kabukicho #LUIAGUE #リュアーグ #キャバクラ #キャバ #キャバ嬢 #歌舞伎町キャバ嬢 #ドンペリ #アルマンド #ベルエポック #シャンパン #ホスト #歌舞伎町ホスト #ホス狂 #水商売 #スカウト #コロナに負けない #コロナに負けるな

【公式】LUIAGUE (リュアーグ)(@luiague_kabuki)がシェアした投稿 –

CLUB PROUDIA【歌舞伎町】

ここで紹介しているお店はごく一部ですが、お店ごとにコロナ対策をしたり、臨時休業を取るお店も多くあります。策が尽きて、働いてくれているキャストさんに対して横暴な対応を取るお店もあるかと思いますが、これらのように社会情勢を鑑みて、スタッフさんやキャストさんの負担を少しでも和らげようとするお店も少なからずあります。

コロナ騒動、キャバクラ界隈に対する反応まとめ

手軽に発信できるSNSでは、個人のかなり偏った意見や過激な意見が溢れています。自身の一方的な意見を妄信している方が多く、俯瞰して物事を見れていない方が多いように思います。結局ただ過激なだけの中身の薄い意見を発信したところで、誰に対しての啓蒙にはならず、ただ自分勝手に他人を傷つける結果になるだけです。 どうにも説教臭くなってしまいましたが、他人に対して理解とリスペクトを持てる人が増え、一刻も早くコロナ騒動が終息することを祈って止みません。

タイトルとURLをコピーしました